コレステロール下げるサプリ人気No.1|コレステロールが高い原因とは

コレステロール下げるサプリ栄養50種の高品質フード。

さまざまな病気の原因となるコレステロールは、飽食の時代に生きている私たちにとって気を付けておきたい健康面でのリスクのひとつです。

健康診断で「コレステロール値が高い」と指摘された人は特に注意しましょう。

そのまま放っておくと重篤な病気を引き起こす可能性があります。

そこで、今回はコレステロールを効果的に下げるサプリと、高くなる原因についてわかりやすく解説します。

目次

  • コレステロールが急増する「脂肪酸」に注意
  • コレステロール値を下げる脂質
  • 藻(も)サプリメントを活用して、コレステロールを下げる
  • コレステロールとは?
  • コレステロールの値が高くなる原因

コレステロールが急増する「脂肪酸」に注意

コレステロールが急増する「脂肪酸」に注意

コレステロールが生まれるのは体内にある肝臓からですが、その材料となるのは「トランス脂肪酸」や「飽和脂肪酸」といった脂肪酸類です。
トランス脂肪酸は魚卵やバターなどに、飽和脂肪酸はマーガリンやファーストフードなどに多く含まれます。

これらをとりすぎると悪玉コレステロールだけが増えてしまう原因になり、いわゆる「中性脂肪」のもととなります。

飽和脂肪酸はカロリー源になるため、一定量の摂取なら問題ありませんが、トランス脂肪酸はあまり良いところがなく、アメリカでは一定以上量のトランス脂肪酸が含まれている食品は販売ができなくなっています。
こうした脂肪酸が体内でコレステロールに変化していくのです。

しかし、脂質の中にはコレステロールの値を下げる物もあります。それはDHAやEPAと呼ばれるものです。

コレステロール値を下げる脂質

脂質全てがコレステロールの値を高めるもの、というわけではありません。
よくサプリメントに「DHAや「EPA」と言ったものが含まれていることが多いですが、それらは脂質の一種です。

マグロやサンマ、サバというような青魚に含まれていることで有名ですが、これらの脂質は人間の体にとって非常に重要な役割を持ちます。

まずDHAは正式にはドコサヘキサエン酸と言い、目の網膜や脳に多く含まれる物質で、離乳食を主に食べる乳幼児が摂取すると、脳の発達に良い影響があります。
EPAはエイコサペンタエン酸と言い、血液や欠陥と言った循環器を正常にする働きがあります。

そしてこの二つには血中の悪玉コレステロール値を下げる効果があるため、コレステロール値が高めの方は是非とも積極的に補給したい栄養です。

お肉中心の食生活からお魚中心の食生活にするだけで、これらの摂取量を大幅に高められるので、是非試してみてください。

いきなり食生活を改善するのは難しいという方は、藻(も)のサプリメント「スピルリナ」などがおすすめです。

「スピルリナ」にはDHAやEPAに加えて、ビタミンやミネラル類も豊富に含まれているため、必要十分な栄養素を手軽に補給できます。

藻(も)サプリメントを活用して、コレステロールを下げる

前項で少し触れましたが、近年注目の藻(も)サプリメントの「スピルリナ」を活用する方法はとってもおすすめです。

DHAやEPAを摂取するには鯖やサンマなどの生魚が最も効率が良いですが、たんぱく質や余分な脂質も一緒に摂取することになり、食べる量が多いと結局コレステロール値を高めることにつながります。

スピルリナサプリメントなら、余分な脂などは入っておらず、DHAやEPAをピンポイントで効率よく補給できるので、とっても便利です。

スピルリナにはそれらに加えてビタミンやミネラル、アミノ酸類も含まれており、老若男女問わず人間の体に必要な栄養素が59種類も含まれています。

またスピルリナが含む「フィコシアニン」は余った脂肪を吸い込んで、便としてダイレクトに排出する作用があり、健康的になって、コレステロール値を下げる作用が期待できます。

さらにスピルリナは、その強い抗酸化力により、スポンジのように有害物質を吸着して体の外へ除外してくれるので、コレステロールを蓄積しにくい体質へ変えてくれます

>59種類の栄養素でコレステロール値を強力に対策!藻(も)「スピルリナ」のパワーとは?

コレステロールとは?

コレステロールとは、「脂質」の一種です。

脂質は必要以上に得た余分なものはエネルギーとして体内に蓄えられるもの、と知られていますが、実は細胞膜や男性ホルモン、女性ホルモンと言った性ホルモンの材料などにも用いられるので、大切な栄養素の一つです。

実際、コレステロールが不足すると、栄養不足状態の一つとして体に悪影響が出始めてしまいます。

コレステロールは大きく分けて善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類があり、善玉をHDL、悪玉をLDLと言う風に分けられます。

悪玉コレステロールは悪と言う字がありますが、肝臓で生成されたコレステロールを各臓器や体の末端と言った部分に運ぶ役割があります。
善玉コレステロールは体内で余っている悪玉コレステロールを再び肝臓へ戻す役割があります。

コレステロールの6割から7割は、肝臓や小腸と言った部分で食べ物から合成され、食事から直接コレステロールとして体内に回るのは全体の3割ほどしかありません。

肝臓はアルコールの分解などでも働きますが、こうした栄養素を体で必要な状態にして、運ぶのも肝臓の大きな働きです。

そして、この2つのコレステロールは当然、人間の体にとって欠かせない栄養になります。

健康診断ではLDLとHDLの2種類の数値が知らされます。
基準としてはLDLが1デシリットルあたりの数値で140ミリグラム以内、HDLは同量あたり40ミリグラム以上が正常値となります。

この数値が「コレステロールの基準値」となります。
もし健康診断を受けたときは、この基準値に収まっているかを確認してみてください。

収まっていなければ食生活の見直しや適度な運動などで、対策を始めてみましょう。

コレステロールの値が高くなる原因

コレステロールの値が高くなる原因は食生活などのような生活習慣の乱れ、という認識が一般的です。

実際、コレステロール値が高い方の9割はバランスの悪い食生活や飲酒量の多さ、喫煙などが原因とされています。

揚げ物などの脂物を多く食べるとか、甘いものを時場所問わず日ごろから頻繁に食べるという方は特に注意が必要です。

そしてもう一点の喫煙も大きな原因です。
喫煙をすることで血管が収縮しますが、コレステロールは血管を通って全身にいきわたるため、コレステロールの動きも遅くなり、影響を受けるのです。

結果として、動脈硬化が進んで脳卒中や心筋梗塞と言ったような、血管のつまりによる重病のリスクになるということです。

とはいえ、食習慣や生活習慣をすぐに見直すのは難しいという方は、高いコレステロールを手軽に改善できる、藻(も)サプリメントの「スピルリナ」がおすすめです。

スピルリナはコレステロールを下げる、ビタミンやミネラルなど59種もの栄養成分をもれなく配合しています。

さらにスピルリナの独自成分である「フィコシアニン」が、体内の毒素を強力に排出して、腸内環境を改善することにより、コレステロールを蓄めにくい体へ変化をさせてくれます。

体の中からキレイになりながら、コレステロール値を改善したい方は、ぜひ一度「スピルリナ」サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

スピルリナとは